おたくでいいとも

ガラスの十代が終わる前に

2010

ジャニヲタって、何をすればいいんだろう。


翔くんに堕ちたはいいものの、11歳の私はお小遣いも貰っておらず、家にはパソコンも無かったので、茶の間以上のことは何1つできませんでした。できることと言えば、嵐の出演番組を見て楽しむぐらいです。CDも買えないし、コンサートにも行けません。雑誌一冊買えません。新規以前の状態です。


だけど、すごく楽しかったんです。すごくすごく楽しかったんですよ。


テレビを見ているだけで幸せでした。というよりも、櫻井翔に少しでもかすっていればそれで大満足だったんですよね。自由帳に「櫻井翔」って書くことですら幸せでした。出会ってしまった、見つけてしまったと、毎日が本当にハッピーでハッピーで。


母の知り合いのおばさんは、少しずつ私にジャニーズヲタクを教えてくれました。おばさんの娘さんからFC会報を譲ってもらったこともあります。身動きの取れない私の代わりに、風景魂でグッズを買ってきてくれたりもしました。


その年の誕生日にもらったお小遣いでは、ポポロを買いました。私はその1冊を、文面を全て暗記できるぐらい何度も読みました。何度も何度も読みました。だって楽しかったから。不思議なことに、全然飽きもしませんでした。


ふと思い出して少クラを見たりもしましたが、私の生活の中心には嵐がいました。ディズニーランドホテルで眠たい目を擦りながら見た最後の約束、難しい専門用語に頭を抱えた特上カバチブラマヨから始まった嵐にしやがれ、裏に住むお姉ちゃんと「忘れてない?」って毎週確認した怪物くん、夏虹の巨大ポスターとvs嵐パーク目当てで親を巻き込みフジテレビに出向いた夏休み、CM通りサイダーを飲みながら見たMステのTo be free関ジャニ丸山隆平くんにもドキドキしたフリーター、クリスマスにおばさんの家で聴いたDear Snow…茶の間にだって、忘れられない思い出が詰まってます。臆病な私が精一杯翔くんを応援した思い出が。


いくつになっても、私はこの一年を大切にしたいと思えるんです。

広告を非表示にする